漫画のネタバレと感想まとめ

生と死を見つめた漫画集

ヒューマン漫画

漫画「鬼虫」ネタバレ感想 柏木ハルコ

投稿日:

柏木ハルコの『鬼虫』は、文明から切り離された住民たちが、独自の土着的宗教を信仰して原始人のような生活をしている漫画です。

女性も、たおやかどころか男以上にたくましく、強靭でサバイバルするためにはどんなことでもやります。

そんな閉鎖的な社会に、海から漂流してきた華奢な女がどう生き延びるのか・・・

スポンサーリンク

「鬼虫」ネタバレ

「鬼島」という孤島

 

文明から隔絶された孤島「鬼島」で暮らすトラゴは、ククリという男性と夫婦になっており、子供をつくろうしていましたが、なかなか生まれません。

昔、子供の頃にトラゴには姉がいたものの、姉は海で遊んでいるときに沖へ流されてしまい、それっきりに。

トラゴはずっと姉のことを忘れておらず、ある日、海辺に漂着していた女の顔を見て、姉そっくりであることに気づきます。

ひょっとしたら、この女は自分の姉・タナではないのだろうか・・・トラゴはそう思って、その女を助け、手厚く看病するのです。

 

逃げ出そうとする女

 

姉だと思って看病し、おいしいものを食べさせてやるトラゴでしたが、その女は「誰が姉じゃ」と逃げ出し、船で海へこぎだそうとします。

しかし、海は「魔の海」で、誰も戻って来られない状態。

トラゴはなんとか女を引き止め、女をかくまって養おうとしますが、村人から「漂流者は凶だ。捨ててこい」と言われてしまいます。

昔、漂流したものたちから流行病が出たことがあったため、よそ者に対して村人たちは軽快しているのです。

 

女は捨てられるかもしれないと知って態度を変えて、唯一の味方であるトラゴ夫婦に取り入ります。「姉え、でいいよ」と、姉ではないけれども、姉と呼んでもいいと告げます。本当の名前はマナメです。

夫のククリは、島にいる女たちと違い、たおやかでやわらかい白い肌をしている彼女に少しずつ魅せられていき・・・原始人みたいな人たちしかいない島に、文明人がたどりついて、一体どのようにして生き延びるのか・・・

マナメは女性であることが武器になる、と本能的にしっており、それを使ってなんとかこの孤島でサバイバルしていきます。

原始人みたいな人たちしかいない島に、文明人がたどりついて、一体どのようにして生き延びるのか・・・

 

感想

 

平安時代の絶海の孤島、という設定で見たこともないような島民の暮らしが描かれ、その時代にタイムスリップしたかのような気持ちになれました。

柏木ハルコ先生の漫画に出てくる女性たちは、力強いものを感じさせるキャラが多く、魅力的です。

たくましいトラゴ。女性はたおやかでなよやか、と弱々しい存在だと印象づけられていますが、実際はトラゴのようにたくましく、生命力にあふれた存在こそが本当の姿なのかもしれません。

 

文明から切り離された孤島が、ひとりの女の存在によってかきまわされ、崩壊していくスリルがあります。

-ヒューマン漫画

Copyright© 生と死を見つめた漫画集 , 2017 All Rights Reserved.