漫画のネタバレと感想まとめ

生と死を見つめた漫画集

ヒューマン漫画

シングルマザーになりました(漫画)ネタバレ感想 岡田理知

更新日:

岡田理知先生の漫画「シングルマザーになりました」は、最愛の夫を亡くしてシングルマザーになってしまった妻・真歩のヒューマンドラマです。

家事も苦手でズボラだけど、素直さが取り柄の真歩は夫を失った悲しみに暮れるあまり娘からも叱られ、姑からも「出て行け」とうとまれるように。つぎつぎに襲いかかる不幸に、どう向き合うのかが見どころです。

スポンサーリンク

「シングルマザーになりました」のあらすじ

亡くなった夫に愕然

 

人生は一寸先は闇ーー「行ってくるよ」と笑顔で出かけた夫が、最後の姿だった・・・

最愛の夫をある日突然失ってしまった真歩は、取り乱したあまりに葬儀で喪主をつとめるも「うわーん、耕ちゃーん!!」と泣き出して親族ですら唖然とさせてしまいます。

二世帯住宅で一緒に暮らす義理の両親ですら「今思い出しても情けなくなるわ。いい年した大人が子供みたいに」とあきれる始末。

葬儀をなんとか終えたあとも、廃人のようにぬけがらとなって夫の遺影の前で横たわり、幼い娘の世話もせずに放置したまま。

 

「母親失格!」と娘に怒られる

 

母親に似ず、しっかり者の娘のひなこは「ねえママ、パパがしんじゃって悲しいのわかるけどさ、もういいかげんしっかりしない?」と母をたしなめます。

家の中は荒れ放題、パパの匂いが消えちゃうから、と窓も開けずにいて、悲しみから立ち直ろうとしている娘に対して「ひどい、あんたには情ってもんがないの?」と逆にせめてしまう真歩。

「ひなこだって悲しいよ!さみしい、つらいよ!
だけどママみたいに一日中うだうだ悲しみにひたってる暇なんてないの!!」

 

とうとう娘まで怒らせてしまう真歩。

「普通は子供のためにしっかりしなきゃって思うでしょ!
こんなんじゃママ失格だよ!!」

娘に叱られて、立ち上がる気力もなく、真歩はズルズルと座り込んでしまうのでした。

 

姑に家を追い出されてしまう!?

 

いつまでも自分の悲しみに浸って、相続の手続きも葬儀代のことも何もかも放り出して他人まかせにする真歩に頭にきていた姑は「あんな人と結婚しなかったら息子はもっと長生きしたはず」と、怒りだします。

能天気で素直そうな女性ではあったものの、嫁としては最悪。やることなすことズボラで皿を割ったりレンジを焦がしたり、トラブル続きの毎日。

あんな人とはもう暮らせない。そう思った姑は、真歩を呼び出して今後の話をします。

 

「真歩さんはどうするつもり?」

頭が真っ白でまだ何も・・・という真歩に、義理両親は息子のことをわすれて、イチから出直してほしい、まだあなたも若いのだから、と遠回しに言いますが鈍い真歩は気づきません。

とうとう姑は業を煮やしてはっきりと伝えます。

 

「この家を出ていってほしいの」

一生ずっと耕助さんの妻でいたい・・・そう思っているのに、姑から突きつけられた言葉は、まるで縁切りのようでした。

ようやく少し立ち直ってきたのに、と真歩は愕然としてしまいますが・・・

 

「シングルマザーになりました」の感想

 

元気だった夫が急にいなくなるなんて想像もできなかった、という突然シングルマザーになってしまった母親。

姑さんが真歩のことを嫌がるのも、わかるんですよね・・・まったくダメ嫁で逆の立場ならたしかに「出ていってほしい」と思ってしまいます。

娘のひなこちゃんはお母さんが駄目なぶんまでしっかりしていて、親子が逆転しています。

 

旦那さんがいい人だっただけに、悲しくてしょうがないのもありますが、娘がいるのにホント、しっかりしないとってムズムズしてしまいました。

大人にしては天真爛漫すぎる真歩と、お姑さんはかなり相性が悪そうなので、出ていったほうがお互いのためだろうなあ、と思えました。

でも、こういうことって誰の身にも起こりうることですよね。専業主婦で夫を頼って生きてきたのに、夫が急にいなくなったらどうしよう、っていう。

>>無料試し読みはこちら

-ヒューマン漫画

Copyright© 生と死を見つめた漫画集 , 2017 All Rights Reserved.