漫画のネタバレと感想まとめ

生と死を見つめた漫画集

そもそもウチには芝生がない ネタバレ感想 たちばなかおる

投稿日:

たちばなかおる作 漫画「そもそもウチには芝生がない」は人気コミックエッセイ作家が描く、抱腹絶倒のアラフォー3人女性のコメディです。

男3兄弟を育てるスミ。認知症気味な姑の面倒を見る恵子。その日暮らしの年下男と同棲中のマキ。

40代女性のそれぞれの人生がリアルに浮かび上がってきます。

スポンサーリンク

第一話のあらすじ

3兄弟でてんやわんや

 

小野寺スミは43歳。小4、小2、年中さんの男3兄弟を育てている。

仕事は漫画家で、白髪や老眼など、年齢を感じるお年頃。

長男は学校では勉強ができず落ちこぼれの類なうえに、「俺が神だし!」とわけのわからない反抗期に突入。

 

次男は食べ物の好き嫌いが激しく、食事の用意が大変。こちらも反抗期を迎えている。

三男はまだ5歳でダウン症のため成長が遅く、まだひとりでトイレができないためいちいちチェックしなければならない。

言葉もうまくしゃべれないため、コミュニケーションが難しく、三男の言いたいことを間違って受け取ったりしてしまう。

 

旦那は頼りにならず

 

育児で大変なスミだが、夫はまったく期待できない存在。しかも浮気の影も感じられる。

デザイン事務所をやっていて、「今日も事務所に泊まるから」と外泊もしばしば。

 

家のことも、育児もPTAもなにもかもがスミの肩のうえにのしかかっていた。

幼い男の子たちがいると、学校行事でやることがきりなくある。

ベルマーク集めやら、運動会のポスターやら、通学路の見守りだの、中耳炎で病院に付き添ったりと、自分でもよくやっている。

 

同窓会のお誘い

 

同級生のSNSで、同窓会のお誘いがくるものの、家庭も育児も仕事もで、とてもじゃないけれども行けない。

恵子とマキから即レスがつくが、なんとなく腹が立つ。

感想

 

最初これ読んだとき、実話コミックエッセイなのかなと思ってしまいました。あんまりにも、女性たちの生活がリアル過ぎて・・・

アラフォーと言っても既婚子持ち、認知症の姑の面倒を見る嫁、独身といろんな立場の女性がいます。

同じ40代女性であれば「あるある」がたくさん出てきそうです。

 

体の衰えを感じ、若い頃にはなんなくできていたことが通用しなくなっていく哀しさ。

マキが若い頃のようにお客さんにチャラけた感じで振る舞って、「そういうのはもうやめたほうがいいよ・・・」に年齢を重ねることに哀愁を感じました。

笑ったり、うわ〜と思ったり。まったりと共感できるお話でした。

バリュコマ

-ヒューマン漫画

Copyright© 生と死を見つめた漫画集 , 2017 All Rights Reserved.